有効成分と働き 冬虫夏草

冬虫夏草には肝臓に蓄えられるATP分子を増やす効果があることが確認されています。

エネルギー発生の仕組みは

アデノシン

アデノシンリン酸(AMP)

アデノシンミリン酸(ADP)

アデノシン三リン酸(ATP)

と変化し、ATP分子が肝臓中に蓄えられます。
冬虫夏草は肝臓に蓄えられるATPを30%増やすことが確認されています。